モノづくりとジブンさがしの記録

『自分が本当に好きなもの』にたどり着くために、 心のおもむくままに作りたいものを作る。そんな日常の記録です。

続・『ネルノダ』

ここのところ寝不足が続いていたので、昨晩、久しぶりに、ネルノダのドリンクタイプを飲んで寝ました。

 

眠っていると、どうもお腹の具合が良くない…

だんだん痛くなってきて、ぐっすり眠るどころではありません😭

 

そういえば、前回、ネルノダのドリンクタイプを飲んだ時も、かなりひどくお腹を壊し、夜中にトイレにこもることになりました。

 

粒タイプだとこんなことはないのに…

と、言うことは、ドリンクタイプの成分の中に、私に合わないものがある?

 

初めて飲んだ次の日、とても便通がいいと思っていたのは、お腹を壊しかけていただけ!?

 

いろいろ思いあたることがあったので、調べてみました。

 

ドリンクタイプの成分

糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、果糖)、ヒハツエキスパウダー、GABA、ショウガエキスパウダー、食塩/酸味料、酸化防止剤(V.C、カテキン)、香料、クチナシ色素、甘味料(アセスルファムKアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、増粘剤(キサンタンガム)、V.B6、V.B2、乳化剤、V.B12

 

粒タイプの成分

麦芽糖(国内製造)、ヒハツエキスパウダー、GABA、ショウガエキスパウダー/セルロース、ショ糖エステル、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、V.B6、V.B2、光沢剤、V.B12

✱成分はハウス食品ホームページより

 

青字が、ドリンクタイプのみに入っている成分。

 

メインの成分は同じぽい。

何が、私のお腹を柔らかくするんだろう…

 

検索してみたところ、甘味料のアスパルテームが、体質によっては下痢を引き起こすことがあるようです。

また、キサンタンガムもお腹が柔らかくなるみたいです。

 

ひとつひとつを調べてみると、多量摂取での副作用なんかも書かれていて驚きました。

 

知らず知らずのうちに摂取してしまっている食品添加物

もしかしたら、いつの間にかアレルギーになっていて反応が出てるのかもしれないし、自分自身でこれまで気づいていなかったけれど、私は、食品添加物に弱い体質だったのかもしれません。

 

とりあえず、これからは粒タイプのネルノダにしようと思いました。

 

ハウスウェルネスフーズ ネルノダ 粒タイプ10袋 12g [機能性表示食品 ]

 

癒しのうさちゃんと、ビミョーな刺しゅう

f:id:usagi_no_shippo:20200218082953j:image

この前の土曜日に仲間入りしたうさぎちゃん🐰

 

胴がながーくて、なんともまったりした雰囲気をまとっていて、むぎゅむぎゅーってしたくなる子です❤️

 

写真を何度も撮りなおしたけれど、どーも、そのかわいさが上手く撮れない。

ブログとかインスタとか見てると、皆さんのお写真キレイですよね✨

どうしたら、明るくて、クリアで、構図のいい写真が撮れるのでしょう…

まだまだ、試行錯誤が必要ですね😓


f:id:usagi_no_shippo:20200218082950j:image

ところで、昨晩眠い目をこすりながら、刺した四角いの。

眠い目をこすりながら頑張ったのに、なんだろう、ビミョーな仕上がり😭

 

眠い時は、素直に寝るべきなんかな…

いや、そういうことでもない気がする😅

 

素晴らしいデザインセンスがほしーよぉー😑

こちらもまだまだ試行錯誤が必要です。

刺しゅう&ビーズのスクエアピアス

f:id:usagi_no_shippo:20200216235525j:image

試しに作ってみたので、まだ片方だけです😅
試しなので少しごまかしてるところもあったりしますが、思ってたより、キレイに出来たのでうれしくって💗
なんか、いい感じじゃな〜い?と、自己満足しています☺️

 

元の刺しゅう布の色がほとんど見えないので、今回は、白い刺しゅう布に刺してみたけど、少し隙間があるから、他の色で刺すと雰囲気がまた変わって楽しいかも。

課題は、やっぱり裏側の始末。

もっとキレイに出来るように考えたい。

 

四角のほかに三角とか丸とか、いろいろな形で作ってみたり、配色を考えるのも楽しそうです。😘

 

【参考本】

決定版! まるごと1冊 ハンドメイドアクセサリーの本



2種類の花のブローチに挑戦③完成〜😊

ようやく、ブローチ完成しました~😊

f:id:usagi_no_shippo:20200216121149j:image

 

👇🏻刺しゅうが全て終わったところ

f:id:usagi_no_shippo:20200216002236j:image

 

ここから、ブローチに仕上げていきます。

(作業途中の写真を撮り忘れました…😅)

 

刺しゅう枠からはずして、のりしろを残しオーガンジーをカットします。

 

そして、のりしろを裏側にボンドで貼り付けるのですが、ここがすごく苦手です😭

すぐにくっつくわけじゃないから、のりしろを追っても折っても戻ってくるし、指で『早くくっつけー!😤』と押さえると、ボンドで指がべったべたになるし。

ボンドとの格闘です😅

 

のりしろがうまくくっつけば、あとは裏面に合皮を貼って、はみ出した部分をカットして完成です。

 

裏側はこんな感じ👇🏻

f:id:usagi_no_shippo:20200216121058j:image

 

ちなみに、本のなかで、

参考にした作品はこちら👇🏻

f:id:usagi_no_shippo:20200216110815j:image

f:id:usagi_no_shippo:20200216110820j:image

なんか、できあがりの雰囲気、違うわぁ🙀

 

【参考本】

シックな色の糸とビーズで、花の刺繍ブローチ

 

2種類の花のブローチに挑戦②

 

なかなか進まないブローチ😅

👇昨日までの進み具合

f:id:usagi_no_shippo:20200215204237j:image

ビーズを刺してて思ったのですが、刺す順番間違えたなと。

特に何も考えずに、外側から刺し始めてましたが、そうすると、中央部分の花びらがどうしてもいびつになってしまうな、と。

 

ちょっとイヤになってしまって、もうひとつの花の方に逃げました😅

👇🏻右側の花はサクサクいけました。

f:id:usagi_no_shippo:20200215204254j:image

何故かというと、左側の花より、右側の花のビーズの方が大きいから〜(*´∀`)♪

 

👇🏻アップ写真です。

f:id:usagi_no_shippo:20200215204307j:image

左側が特小ビーズ、右側は丸小サイズのスリーカットビーズです。

これだけ大きさが違います。

丸小サイズよいわ~💗

刺しやすいわ〜💗

目にも優しいわ~💗

 

丸小サイズの刺しやすさに調子が出てきたので、左側も一気に刺しました。

時間がかかるところを越えたので、あとはサクサクいくハズ…もうちょっとがんばろ(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

f:id:usagi_no_shippo:20200215204530j:image

以上、途中経過でした😊

 

2種類の花のブローチに挑戦①

昨日のピアス作りが楽しかったので、今度はもうちょっと大きめのブローチを作り始めました。

 

完成までに時間がかかりそうなので、製作のプロセスを書いて行こうと思います。

 

まず、オーガンジーに2種類の図案を写しとります。

参考にしている本では、オーガンジーに白いゲルボールペンで図案を写していましたが、老眼になり始めた目では見えずらかったので、青いボールペンで写しとることにしました。

 

それと、12cmの刺しゅう枠に、ひとつの図案だとオーガンジーがもったいないなと、無理やりふたつ詰め込みました😊

 

図案を写し終わったら、特小ビーズをひとつひとつ返し縫いでつけていきます。

ビーズ針は細くて、糸を通すのでさえ一苦労😭

ハズキルーペがあったら、作業しやすいのかなぁ)

f:id:usagi_no_shippo:20200212235307j:image

このビーズを縫い付ける作業、これがまぁ、なかなか進まない、進まない…

ここが時間のかかるところなので、早く完成させたい気持ちをおさえ、丁寧に刺していきます。

 

👇アップ写真です。

f:id:usagi_no_shippo:20200212235318j:image

今日の成果はここまで。

平日はあまり時間がとれず、なかなか進みません。

先は長そうです😓

『妊婦さんですか?』『いえ、違います。』

仕事に疲れ果てた帰り、地下鉄で衝撃的な出来事がっ!

(先日も地下鉄だったなー最近色々あるなぁ…)

 

満員電車で、座席の通路に立ってスマホを見ていると、斜め前に座っていた女性が、私の右腕をトントン…

『妊婦さんですか?』

 

こころ優しいお方です。

純粋で素敵なお母さんのようです。

 

ただ、私は、

『いえ、違います😅』

🐤

🐤

🐤

かつて、妊婦さんだったこともありますが、今でははるかむかしのこと…

ちがうんです。

ただ、下腹が出ているだけなんです。

(///〇△〇///)〜👼

 

せっかく、親切で声をかけてくださったのに、

もっと気の利いた対応ができればよかったのに、

すみません、その一言が精一杯でした😭

 

相手の方も、今頃、『失礼なことを言ってしまった…』と、後悔されているのではないでしょうか。

 

席を譲る為に声をかける

出来そうで、なかなかできない出来ない事だと思います。

少なくとも、私は声をかけるかどうかで躊躇してしまうので、このように言える方を尊敬してしまいます。

 

妊婦さんに間違えられた、それだけの話でした。

でもこれは、いい加減本気で痩せろ!っていう、何かのお告げなんですかね。

また、春もやってくる事だし、ぼちぼち頑張ってみるか。

(頑張らなさそうな宣言だなぁ)